スキンケアのポイント

アトピー肌のスキンケアは、入浴の仕方と保湿がポイントになります。湯船に浸かる際は、ぬるいお湯&短時間で済ませることが大切です。背中にも症状が出ている場合は保湿成分の入った入浴剤がおすすめです。体を洗う場合は、必ず石けんをしっかり泡立ててから使いましょう。ナイロンタオルなどは肌が傷つくのでNGです。手を使い泡でなでるように優しく洗います。発疹が出ている部分も必ず清潔にすることが大切です。流し残しは刺激になるので、石けんはぬるめのお湯でしっかりと流します。体を拭くときもこすると刺激になるので、優しく押し当てるようにしてふき取ります。

入浴後は水分がどんどん蒸発して肌が乾燥してしまうので、必ず保湿を行います。入浴後3~5分以内に保湿しましょう。5分以上経過している場合は、ガーゼで皮膚を湿らせるなどをしてから保湿剤を塗りましょう。保湿剤は伸びがいいものやさらりとしたもの、少し粘度のあるものなどさまざまです。季節や好みで使い分けると良いでしょう。保湿をするときもこすらず優しく塗り広げることがポイントです。関節やシワの部分、目の周りなども忘れずに。

アトピー肌は症状が良くなったり悪くなったりします。状態が良い場合も忘れずに保湿しましょう。発疹が出ている部分は医師に相談して保湿剤を使うようにしましょう。アトピー肌の多くは保湿で症状が改善できます。正しい方法で根気よく続けることが大切です。