アトピーの原因は?

アトピー性皮膚炎の原因は、複雑な要因が重なり、現在も解明されていない部分が残るものです。しかし、解明されている部分があるのも事実です。皮膚のバリア機能が失われたり低下した状態に、外から侵入したアレルゲンに免疫機能が過剰に反応したり、皮膚に長期間ダメージが加わる、ストレスや疲労で免疫機能が不安定な状態になることなどが重なって起こるということが分かってきています。

外部から侵入するアレルゲンとしては、ダニやカビ、ハウスダストだけでなく、化粧品や貴金属、汗や汚れなどが挙げられます。何に反応するかがその人やそのときによって異なるという点もアトピーの難しいところです。

外的な要因が侵入するのは、皮膚のバリア機能が失われたり低下していることが原因であったりするので、皮膚のバリア機能をアップさせるような工夫をすることで、アトピー肌を改善させることができると考えられます。疲労や寝不足、ストレスもアトピー症状を悪化させてしまいます。そういった要素をためないこともアトピー改善には重要です。アトピーだけでなく、さまざまな病気の対処法として、規則正しい生活を送ることは必須条件だと言われています。アトピーをきっかけに、自身の生活を一度見直してみましょう。