未分類

アトピー肌のスキンケアは、入浴の仕方と保湿がポイントになります。湯船に浸かる際は、ぬるいお湯&短時間で済ませることが大切です。背中にも症状が出ている場合は保湿成分の入った入浴剤がおすすめです。体を洗う場合は、必ず石けんをしっかり泡立ててから使いましょう。ナイロンタオルなどは肌が傷つくのでNGです。手を使い泡でなでるように優しく洗います。発疹が出ている部分も必ず清潔にすることが大切です。流し残しは刺激になるので、石けんはぬるめのお湯でしっかりと流します。体を拭くときもこすると刺激になるので、優しく押し当てるようにしてふき取ります。

入浴後は水分がどんどん蒸発して肌が乾燥してしまうので、必ず保湿を行います。入浴後3~5分以内に保湿しましょう。5分以上経過している場合は、ガーゼで皮膚を湿らせるなどをしてから保湿剤を塗りましょう。保湿剤は伸びがいいものやさらりとしたもの、少し粘度のあるものなどさまざまです。季節や好みで使い分けると良いでしょう。保湿をするときもこすらず優しく塗り広げることがポイントです。関節やシワの部分、目の周りなども忘れずに。

アトピー肌は症状が良くなったり悪くなったりします。状態が良い場合も忘れずに保湿しましょう。発疹が出ている部分は医師に相談して保湿剤を使うようにしましょう。アトピー肌の多くは保湿で症状が改善できます。正しい方法で根気よく続けることが大切です。

皮膚にはバリア機能が備わっており、外からの雑菌やその他の異物が侵入しないようにしたり、体内の水分が外に蒸発しすぎたりしないようにして皮膚の乾燥を防いでいます。一口に皮膚と言っても、表皮と真皮、皮下組織という3層構造になっています。皮膚の一番外側になる表皮のさらに一番外側にある角質がこのバリア機能の役割を担っています。

バリア機能は、引っかいたり物にこすれたりすることで低下するだけでなく、汗や紫外線などによってもダメージを受けてしまいます。ダメージを受けた部分から水分や保湿因子が減ってしまい、アレルゲンが侵入しやすくなります。アレルゲンが侵入すると、過剰に免疫が機能し強いかゆみが起こりやすくなり、掻いてしまうことでさらにバリア機能が損傷をうけ悪循環になってしまいます。

損傷を受けたバリア機能を守るためには、「保湿」が非常に重要なキーワードになります。肌の表面を水分がしっかりとガードしていると、アレルゲンは侵入しにくくなります。アトピー肌の人は、保湿を中心にスキンケアを考えるようにしましょう。もちろんそれだけでなく、少しでも肌への刺激を避けるためにも、スキンケアをするときはこすらないように心がけることも大切です。

アトピー性皮膚炎の原因は、複雑な要因が重なり、現在も解明されていない部分が残るものです。しかし、解明されている部分があるのも事実です。皮膚のバリア機能が失われたり低下した状態に、外から侵入したアレルゲンに免疫機能が過剰に反応したり、皮膚に長期間ダメージが加わる、ストレスや疲労で免疫機能が不安定な状態になることなどが重なって起こるということが分かってきています。

外部から侵入するアレルゲンとしては、ダニやカビ、ハウスダストだけでなく、化粧品や貴金属、汗や汚れなどが挙げられます。何に反応するかがその人やそのときによって異なるという点もアトピーの難しいところです。

外的な要因が侵入するのは、皮膚のバリア機能が失われたり低下していることが原因であったりするので、皮膚のバリア機能をアップさせるような工夫をすることで、アトピー肌を改善させることができると考えられます。疲労や寝不足、ストレスもアトピー症状を悪化させてしまいます。そういった要素をためないこともアトピー改善には重要です。アトピーだけでなく、さまざまな病気の対処法として、規則正しい生活を送ることは必須条件だと言われています。アトピーをきっかけに、自身の生活を一度見直してみましょう。

日本全国、老若男女たくさんの人がアトピー性皮膚炎によるアトピー肌に悩んでいます。アトピー性皮膚炎は原因の特定が難しく、また症状も良くなったり悪くなったりするので、完治までに大変時間がかかる皮膚の病気です。

アトピー性皮膚炎の治療薬といえば、ステロイド外用薬を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。アトピー性皮膚炎の治療薬は、ステロイド以外の外用薬の登場で、治療の選択肢も広がりました。また、日常生活のちょっとした工夫で、皮膚症状を軽くすることも可能です

アトピー肌は、湿疹や強いかゆみ、赤みを伴い、皮がむけたり表面がぐじゅぐじゅしたり、皮膚が硬くなりつっぱったようになったりなどの症状があります。目や口のまわり、首や手足の関節など、他の人から見ても分かる部分に症状が出やすいことなどから、症状よりも周りからどう見られるのだろうなど、心理的な負担が大きいというのも特徴です。

なかなか症状がよくならなかったり、人の目が気になったりするなど、気持ちが沈んでしまいがちなアトピー肌ですが、日ごろの生活の工夫次第で改善できる部分もあるので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。ここでは、医療機関で処方される薬を使った治療ではなく、日ごろの生活で取り入れられるようなアトピー肌とスキンケアの関係についてご紹介します。アトピー肌のメカニズムやどういった対策が必要なのかを知ることで、心理的な負担も少し軽くなるかもしれません。